ねずみ駆除:納得してキレイに住まうために

MENU

眼精疲労の原因に応じた改善方法を

 

眼精疲労の原因として考えられているのは、目の周囲の筋肉が緊張するということですが、頭痛や肩こりなどを伴うこともあるので、改善するためには目の周辺の筋肉をほぐすだけでは不十分とされていて、症状が悪化してしまうと目眩や立ちくらみが起きる場合もあります。眼精疲労を改善する方法としては温めることが重要とされているのですが、濡れタオルを電子レンジに入れて1分程度温めたものを目の上に置くと眼の周囲の筋肉の緊張をほぐすことができます。また目の位置の裏側にある後頭部のコリをほぐすことで緊張を和らげることができるので、目だけではなく、様々な場所をほぐすことで眼精疲労を改善することができます。原因として多いとされているのはストレスで、職場でパソコンを使い続けることで目には大きな負担になっているので、1時間あたり15分程度の休憩をとって、遠くを眺めるなどして目のピント調整機能の疲れを回復させることが大切です。また眼精疲労は頭痛を伴うことがあるので、症状が悪化する前に解熱鎮痛薬を服用しておくと、過度な緊張が抑制されるので、痛みを軽減させることができます。眼精疲労は男性にも女性にも見られる症状ですが、目を酷使する職業に多いとされています。